私たちの身体を正常に維持していくためには、 5大栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

・体を構成しエネルギー源となる「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」の3大栄養素に、
・身体の機能維持や調整
・抵抗力をつける

「ビタミン」「ミネラル」を加えた
5大栄養素です。

そして、ミネラルは体内で作り出すことができないので、 食べ物や飲み物から摂取する必要があります。

   

ミネラルの働きで 注目されていることのひとつに

  「酵素活性化と代謝機能の向上」
があります。

  酵素に関するのでとても重要ですね(^^♪


     

私たちの生命活動は、口から取り入れた栄養素を様々な過程を経て、 身体を構成する約60兆個の各細胞内に吸収することで維持されています。

  ミネラルは、この代謝機能にかかわる酵素を活性化しています。

   
 

まだまだある、ミネラルの働き

ミネラルは体液や神経の調節をし、骨や歯を作るなど、 身体の基本的な構造に深く関わっています。
    身体に含まれるのはごく微量ですが、 その働きはとても重要です。



 
  1. 体液(血液・細胞液やリンパ液など)の量を調節
  2. 血液の酸性・アルカリ性のバランスを整える

  3. 骨や歯、酵素を作るもとになる
  4. ホルモンや神経を調節する

この他、ビタミンと同様に三大栄養素のたんぱく質・炭水化物・脂質を効率良く、 身体で機能させるために必要です。

      →家庭で毎日ミネラルを補給するには

 
 

ミネラルの割合とバランス

      主要ミネラル: ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素 微量ミネラル: 鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン、クロム、コバルト


   

体内のミネラル全体のなかでも、体内に多く存在するものを「主要ミネラル」 それ以外を「微量ミネラル」と区別しています。

  主要ミネラルと微量ミネラルの割合は99:1と主要ミネラルが圧倒的ですが、 微量ミネラルは本当にわずかでも重要な働きをしています。

 


ダイエットと美容のためのミネラル

肌や髪のターンオーバーを促し、 ビタミンやコラーゲンが働くためにもミネラルが活躍します。
特に髪は様々なミネラルが凝縮されて、美しさやツヤを作っています。


 

亜鉛…
肌や髪のたんぱく質を作る。爪を丈夫にし、コラーゲンの生成にも重要。
細胞の新陳代謝を助け、ターンオーバーを活発に。

  マグネシウム…
血行を促進し、くすみや肌荒れを解消。冷えや肩こり、生理痛にも。

  セレン…
ホルモンバランスを整える。

活性酸素を除去する「抗酸化」作用がある。水銀などの有害なミネラルを体外へ出す。

  ヨウ素…
ホルモンバランスを整え、髪の発達やツヤを作るのに重要。
不足すると髪が痩せ、薄毛に。

  銅…
髪の色をつくるメラニン色素のもと。不足すると白髪に。

  この他にも重要なミネラルはたくさんあります。

爪が弱い、二枚爪になるなど、爪先のトラブルも ミネラル不足からくることは多いようです。



 
ミネラルの触媒作用


微量元素ミネラルは生体内のあらゆる反応で触媒として働き、酵素の安定化という重要な役割を担っています。

    im_03_01        

→家庭で毎日ミネラルを補給するには